大工って、実は意外と稼げるんです。


by uj7j4lxbun

カテゴリ:未分類( 54 )

 停電の影響で東海道新幹線の運転見合わせが3時間以上続いたJR東京駅。運転は午後5時13分に再開したが、新幹線の乗り換え口ではその後も乗車待ちの乗客でごった返した。

 「この列車の指定席は有効ですか」「この切符の列車は何時に発車になりますか」。運転再開後、改札口付近では急いで列車に乗ろうとする乗客が、駅員らを取り囲む姿があった。「今後の乗客の状況により、(全席指定の)のぞみが全席自由席になることもあり得るので…」などと困惑した様子で質問に答える駅員たち。

 駅構内には、運転再開のアナウンスに続き、列車の発車順序や発車ホームを告げるアナウンスが次々に流れた。「こだま671号が18番線から」など、発車ホーム変更が続々とアナウンスされると、在来線乗り場から新幹線乗り場への階段に座り込んで待ち続けた100人近い人々は「えー」とうんざりした様子。列車の発車順序を改札内のモニター画面や電光掲示板で食い入るように見つめる姿も目立った。

 また「火事があってやっと再開したが、まだ大混乱。遅れると言っておいて」など、携帯電話で訪問先に連絡する男性も。

 再開をインターネットで知って駅に駆けつけたという広島市の男性会社員(62)は「仕事で東京に来たが新幹線が止まっていると聞き、仕方なくホテルの予約をしたところだった。予約を取り消して、購入しておいた列車に乗って帰ろうと思う」と話していた。

【関連記事】
停電でストップの東海道新幹線、運転再開
東海道新幹線、停電で一部運転見合わせ 架線切れ、復旧には時間も
踏切遮断棒折れ影響2万人超 尼崎のJR福知山線
JR阪和線で遮断棒折れ 堺市−三国ケ丘駅間の踏切
田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間−長津田間が一時ストップ

東海道新幹線 停電で品川−小田原駅間ストップ(産経新聞)
<朝青龍>聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)
<信者暴行容疑>韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警(毎日新聞)
継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)
[PR]
by uj7j4lxbun | 2010-02-03 02:49
 一緒に合成麻薬MDMAを服用した女性に対し適切な救命措置を取らず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された元俳優、押尾学被告(31)の弁護人が26日、東京都内で記者会見し、無罪を主張する方針を明らかにした。

【写真特集】押尾学容疑者を麻薬取締法違反容疑で逮捕(2009年8月)

 押尾被告は09年8月、東京・六本木のマンションで飲食店従業員、田中香織さん(当時30歳)が重い急性中毒症状を示したのを認識しながら直ちに救急車を呼ばず、死なせたとして起訴された。

 弁護人は会見で「心臓マッサージなど救命措置を取っていた。容体急変から死亡までは長くても30分間程度で、119番しても十中八九助かったとは言えない」と主張。田中さんにMDMAを譲渡したとされる麻薬取締法違反についても「田中さんが持ち込み自分の意思で使った」と話した。

 また、「威圧的な取り調べがあった」として東京地検に是正を求める上申書を提出したことも明らかにした。押尾被告は「起訴に強い怒りを感じている」と話しているという。

 保護責任者遺棄致死罪の成立には(1)押尾被告が保護責任者に当たり(2)生存に必要な処置をせず(3)死亡との因果関係があった−−ことが必要。捜査当局は押尾被告や関係者の供述、医師の判断などを基に▽田中さんと一緒にいたのは押尾被告だけで保護責任者に当たる▽容体急変直後に救急車を呼べば確実に助かった−−と判断して起訴した。

 暴力団関係者が女子中学生に覚せい剤を注射し、錯乱状態になったのを放置して死なせたとされる事件で、89年の最高裁決定は「直ちに救急医療を要請していれば十中八九救命が可能」と同罪の成立を認めている。【安高晋、北村和巳】

【関連ニュース】
【写真特集】逮捕された押尾容疑者を追う
【関連記事】押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に
【関連記事】押尾容疑者:毛髪からMDMA成分 常習裏付けか
【覚せい剤汚染は昔から】ヒロポン取り締まり…当時の紙面と貴重な写真でみる

「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…(産経新聞)
「全大臣に」の質問「私の名前は菅」とイライラ(読売新聞)
ニプロ、「フーバー針」を自主回収(医療介護CBニュース)
<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
[PR]
by uj7j4lxbun | 2010-02-02 02:52
 電機連合(中村正武委員長)は28日、横浜市内で中央委員会を開き、定期昇給など賃金体系維持を統一要求とする春闘の要求方針を提案した。経済情勢が不透明だとしてベースアップ(ベア)など賃金改善要求を見送り、賃金水準維持と雇用の確保に全力を挙げるとした。賃金改善の見送りは5年ぶり。

 一時金は年間5カ月を中心に最低4カ月の確保を目指し、残業の割増賃金を40時間を超える部分から50%以上(法定60時間以上)に改善することなどを求めた。方針は29日に採択予定。中村委員長は「定期昇給の完全実施など賃金水準の維持・確保に全組合で取り組む」と述べた。

 電機連合は09年の春闘でベアを要求したが、業績の急激な悪化などで、定昇が凍結される組合が出ている。中村委員長は「昨年のような凍結は認めない」と対決姿勢を示した。【東海林智】

【関連ニュース】
協会けんぽ:10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大
自動車総連:賃金カーブを維持 春闘方針決める
日産労連:春闘で月額1000円の賃上げ要求の方針
春闘:労使が初交渉 賃金より雇用確保優先
春闘:経団連会長「賃金より雇用」 労使フォーラムで

清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目−兵庫県警(時事通信)
<つかこうへい氏>肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
「小沢氏の潔白信じたい」=国民への説明見守る−鳩山首相(時事通信)
[PR]
by uj7j4lxbun | 2010-01-31 12:17
 【ワシントン古本陽荘】米国防総省のモレル報道官は27日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する意見交換のため、グレグソン次官補(アジア・太平洋担当)が近く沖縄入りすることを明らかにした。日米合意で移設先とされている米軍キャンプ・シュワブを抱える名護市の市長選で移設に反対する稲嶺進氏が当選したことを受け、県内幹部と会談し、県内の雰囲気を探るのが目的とみられる。

 モレル報道官は日米合意案について「沖縄の負担を軽減する最善の計画だ」と米政府方針に変更がないことを強調。一方で、普天間問題が解決しないままでも、日米安保にかかわるさまざまな協議をしていくことは可能との認識を示した。

 グレグソン氏は27日、日本に向け出発。来週前半まで滞在する予定。

【関連ニュース】
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
小沢幹事長:稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発

石川容疑者ら3人の勾留延長(産経新聞)
成人式 男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
[PR]
by uj7j4lxbun | 2010-01-29 23:02